【豊潤梅酒 撰*レビュー】安いぞ! 720ml 600円以下の梅酒★

このブログでは安いビールや発泡酒を中心としたお酒の情報・レビューをお伝えします。

こんにちは。

「安いお酒なら何でも」
美味なめたけです。


そこで今回紹介するのは 『梅酒』

梅酒と言えばCHOYAが最大の大手だと思いますが、
実はたくさんの企業から販売されているんですよね。

ということで、そんな梅酒分野から、コスパ最強の安酒。

メルシャンの
『豊潤梅酒
を、ご紹介いたします!


 

梅酒って?

 

今日は特別に「梅酒ってなんなの?」というところから始めたいと思います。

梅酒は、お酒に主に梅の実を浸し、そのエキスを抽出した飲み物です。
その歴史は古いらしいですが、よく知りません。

一般的に梅酒は、焼酎を使って作られます。

昭和の家庭で作られていたのは“焼酎梅酒”がほとんど。
というか、焼酎以外で作ると法に抵触するかもしれません。

お酒造りは国によって管理されているので、梅酒だけじゃなくてサングリア(ワインに果実を浸け込んだやつ)なんかも、自分で作ったら違法になってしまうかもしれないんですよね。
※自信がないので詳しくは六法全書をご覧下さい。



「でも、焼酎以外の梅酒なんて見たことないけど?」


と、ケンカ腰のかたもいるかもしれません。

落ち着いてください。


焼酎以外でよく飲まれている梅酒には、「ブランデー梅酒」や「日本酒梅酒」があります。

ブランデーは濃く、まったりした味。
日本酒はややスッキリした梅酒に仕上がります。




飲んでみよう!

 

それでは、いよいよ『豊潤梅酒 撰』を飲んでみましょう!

 

グラスに移すと色が薄めに感じますね?
ウィスキー色です。

実はこの梅酒、某OKで500円台の商品です。
味が心配になってまいりました。


そのお味の方は

……

まったり甘々でした!

梅の風味もしっかり利いていて、アルコール感も強すぎず弱すぎず。
飲み慣れている方なら、ストレートで全然楽しめる感じになってます。

その美味しさの秘密なのかどうかはわかりませんが『撰』では「豊潤たね熟成法」という製法を取っています。

豊潤たね熟成法は“たねを漬けて成分を抽出する方法”だそうです。

この製法はキリン=メルシャン特有の方法らしく、一般的な製法ではなさそうなので詳しいことは分かりませんでした!



まとめ

はい。

ということで、今回は激安だけど満足度高めの梅酒をご紹介しました。


「梅酒といえばCHOYA」
「梅酒の味はほぼ全部一緒」
「居酒屋でコスパ悪い」


そんなイメージを持っていた梅酒でも、探せば意外に安酒党が喜ぶ商品があります。

甘くない梅酒もたくさんあるそうなので、通販なんかで探してみるのも面白いかもしれませんね。



それでは!

豊潤梅酒 撰 720ml びん|商品・品質情報|梅酒・国産リキュール|商品情報|キリン
豊潤梅酒 撰 720ml びんの商品詳細情報です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました