【粋生*レビュー】一味違った微笑みの国のビールはコスパ良し!

未分類

このブログでは安いビールや発泡酒を中心としたお酒の情報・レビューをお伝えします。

こんにちは。
前回のブログ消えていました。
美味なめたけです。


今回は、そんな悲しみを乗り越え、新たなビールを皆様にご紹介したいと思います。
その名も……

『粋生』です。


この、謎の缶ビールを飲んでみました!

 

 



 

『粋生』とは!


私が『粋生』に出会ったのは『よしや』でした。

板橋の人間だということがバレてしまいますね。


よしやでは最近まで自社ブランド商品を安ビール枠に据えていた気がします。

私はあのビールが割と好きだったのですが、「見なくなったなー」と思っていたら代わりに登場したのが『粋生』でした。

輸入元は…
「インタープライズジャパン」
つまり、輸入ビールです。

どこからの輸入かと言えば、
微笑みの国『タイ』でした!

タイはビールのイメージがある国だと思います。
物価も安く、親日の国でもあります。

「安酒と言えば韓国産」
というイメージがありましたが、なにも韓国にこだわることはないぞ。
というのが、今回のレビューのテーマとなります!




『粋生』と言えば!

 

粋生のCMがやっているとは思えないので、ここはスッパリ諦めます。

 

ということで代わりに、

「タイビール」

について考えていきましょう。

タイビールで一番有名なのは『シンハビール』なのではないでしょうか?

シンハビールの特徴を見ても分かるように、タイビールはスッキリ爽快!悪く言えば飲みごたえに欠けるものが多いです。

これはタイという国の高温多湿な気候。
そして辛味の強い食事に合うため、濃厚旨口ではなく、スッキリ爽快系のビールが主流なのだと思います。

私自身ゴクゴク行けるビールは好きなので、安ビール『粋生』にも少し期待してみたいと思います。





『実飲!』

実飲のお時間です。

いよいよ実際に、くだんのビールを飲んでみましょう!

……

缶のタブが固い!!
日本にはない仕様です。

注いでみましたら…

こんな感じです。

そして

このようになりました。
毎度、ただただ泡と液体の比率が変わっただけの画像ですが、なんとかお楽しみください。



――実飲中――


辛口です。

さっぱりした麦のお酒(あたりまえ)
ホップの主張を感じません。

いわゆる「安ビール」な感じの安ビールです。

泡はなかなかいい感じでした。
さっぱり爽快で、香りはそんなに感じないですね。

真夏に辛い料理に合わせたスッキリ系ビール。
カロリーも少なくて、軽くダイエットにも良いコスパ良なビールだと思います!


 

★成分表
・原材料:発泡酒(米・麦芽・ホップ/炭酸ガス・カラメル色素)、スピリッツ(小麦)
・製造国:タイ
・内容量:350ml
・アルコール度数:5%
・糖度(管理人調べ):5
・エネルギー:38kcal(100ml当たり)

 





『まとめ』

 

 

ちなみにですが、
後日このビールを冷凍庫に結構な時間放置してしまったのですが、凍っていませんでした。

 

「凍る寸前に取り出した」

のか
「凍らない魔法の成分が入っている」

のかのどちらかだと思います!

まあ、色素成分とかが入っているので、なんやかんや凍らなかったんだろうなと、自分自身を納得させ、今も嗜んでいます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました