【コロナビール】について考えよう!

ビール

こんにちは。
美味なめたけです。


このコロナか禍で注目されたビールがありましたね。
そう、コロナビール(コロナエキストラ)です!


否が応にも注目を集めてしまったこの商品。
コロナビール関連の記事で印象深いのは、このニュースでした。

メキシコビール大手、コロナビール生産停止(共同通信) - Yahoo!ニュース
 【サンパウロ共同】メキシコのビール最大手グルポ・モデロは3日までに、新型コロナウイルス感染拡大を受け、「コロナ」銘柄のビール生産を5日から一時停止すると発表した。


真相は良く分かりませんが、ともかく、その後もコロナビールは元気に販売されていました★


――そんな当時を振り返りながら、
小銭を集めてコロナエキストラを購入。

ついでに生ハムも買いました。
※生ハムって食べる前が一番美味しいですよね。


ところで、生ハムよりもコロナビールのイメージに近い食べ物があります。
それが、ライム。


ただ、
「コロナと言えばライムっしょ!」


というのは昭和生まれの発想で、
当のコロナ社は別にそんなこと思っていないとか。



しかし今でも、私が直近で立ち酔った「コロナビール置いてる系メキシカン居酒屋」では、
キッチリライムの切り身を差し込んで提供していただきました。

そこの店員さんはお客20人を1人で回していたので「すごいなあ」と思った記憶があります。

以上がコロナエキストラの思い出です。




――夏に向けてコロナのニュースがグングン盛り上がってきたその頃。
「コロナビールは全然平気だよ!」
というニュースが流れました。

コロナビールにワンコがすっぽり!? ボトルに写りこんだコーギーの表情がクスっとくる
わんこの表情もいい感じにすてき。


すみません。
この記事じゃないのですが、ちょっと思ってた記事を発掘できませんでしたので代理です。



一方その頃、私のほうはコロナビールが進みます。
金色の液体。
きれいですね。


ビールは半分飲み進んでいますが、生ハムがそんなに進んでいないようです。
おしゃれを気取り、さきイカじゃなくて生ハムにしたのが仇となりました(美味しいけど)。



――ニュースのほうに戻ります。

コロナビールは最近になって、こんな話題を提供してくれましたね。
大型契約のニュースです。

【映像】スヌープ・ドッグ コロナビールと巨額契約(アフロ) - Yahoo!ニュース
 コロナビールでスヌープ・ドッグの懐が潤っているようだ。  メキシコ産人気ビールの広告塔を務めることが決まったスヌープ。その契約料は1000万ポンド(約14億円)近くだという。新型コロナウイルスで巨



はい。スヌープドッグとの巨額契約です!
日本では『大メジャー』とは言えないかもしれませんが、洋楽にを聴く方にはおなじみのPVがあります。

Snoop Dogg – Drop It Like It's Hot (Official Music Video) ft. Pharrell Williams



このPVの頃でも十分オジサン感ありますが、
ニュースのスヌープドッグは本当におじいちゃんでしたね。


そんな、様々な思いの駆け巡るコロナエキストラ


その実態は、香りが良く、くせになるビールです。

コロナビールには缶と瓶がありますが、
中味は同じでも、私としては絶対に瓶をおすすめします。

ビールを飲むときには、多少の自己陶酔も必要。
コロナエキストラの瓶は、そんな私たちの自己愛も黄金色に満たしてくれます。



ということで、
『最近のコロナビールについて考えてみよう』のコーナーでした。


それではまた!




コメント

タイトルとURLをコピーしました