【富良野生ビール*レビュー】トップバリュは安酒党の光となるか。

ビール

このブログでは安いビールや発泡酒を中心としたお酒の情報・レビューをお伝えします。



こんにちは。
修学旅行は北海道だった美味なめたけです。

今回は
“魅力的な都道府県№1”
北海道の息吹を感じるビール
『富良野生ビール』のレビューをお届けします。


・・・

ところで私は以前、100円ちょっとだと思って手に取った缶ビールが、レジに持っていったら300円だったことがあります。
そのビールの商品名が『地名+ビール』だったので、『地名+ビール』の商品名には若干のトラウマがあります。

まあ、泣きながら300円払いましたが。

『富良野生ビール』は正真正銘【150円】。
ちゃんと安ビールでしたのでご安心ください。


それでは感想をお届けします!


 


『富良野生ビール』とは!

はい。
まずは「このビールはどこの商品なの?」
という疑問が湧くと思います。

こちらの商品はずばり、
トップバリュ
の商品です。

富良野生ビール -イオンのプライベートブランド TOPVALU(トップバリュ) - イオンのプライベートブランド TOPVALU(トップバリュ)
富良野生ビール の商品情報。イオンのプライベートブランド「トップバリュ」はお客さまの声を商品に生かします。 イオンのプライベートブランド「トップバリュ」はお客さまの声を商品に生かします。


最近、トップバリュの商品がクオリティーを上げてきている気がします。

過去にもバーリアルのレビューをしましたが、

「そんなに悪くなかった」というのが、正直な感想です。

ということで、今回は偏見を持たずにレビューしていきます!


『富良野生ビール』と言えば!

では、なんで「富良野」なんでしょうか?

先ほどのホームページを見ると、
『富良野のホップを50%以上使用しているから』
らしいです。

こちらの動画をご覧ください。

富良野生ビール

なるほど。
確かに今までのトッバリュ安酒は、韓国産のイメージがありました。

しかし、この商品は国産商品。
そして……あれ? もしや、発泡酒じゃなくてビール??

富良野生ビール - イオンのプライベートブランド TOPVALU(トップバリュ)
富良野生ビール イオンのプライベートブランド「トップバリュ」はお客さまの声を商品に生かします。

あら、どうも発泡酒ではなさそうです。


なんと発泡酒ではなく、安ビールだった『富良野生ビール』
どうしてか完全に発泡酒……。

そんな失敗は忘れ、実際に飲んでみましょう!


『実飲!』

はい。
では飲みます。

ビールとしてはすごく安いですが、
第三の『バーリアル』が78円で、富良野生ビールが150円ということを考えると、
質のほうも期待してしまいますね。

注いでみました。

特に、これと言って特徴のない見た目ですが、
泡が盛り上がってくるような感覚がありました。


それでは残りも注いでみましょう。

はい!
もこもこしています!


―――実飲中……



泡のきめ細やかさが見た目にいいですね。
そして飲んでみては、苦み、うまみ、キレ、そのバランスを兼ね備えた隙のないビールです。


何か飛び抜けた特徴があるわけではないのですが、
日々のお供としてはコスト面を見ても優秀作品だと思います。


★成分表
・原材料:麦芽、ホップ
・製造国:国産
・内容量:350ml
・アルコール度数:5%
・糖度(管理人調べ):6
・エネルギー:140kcal(1缶350ml辺り)
※つまりは100ml 40kcal



『まとめ!』


特徴がそんなにないなどと言いましたが、
特徴なんてそもそもそんなになくて良いんです。

今後、トップバリュのお酒がどんどん良質になっていくことを期待して、
今回のレビューを終わりたいと思います。


それでは!

富良野生ビール - イオンのプライベートブランド TOPVALU(トップバリュ)
富良野生ビール イオンのプライベートブランド「トップバリュ」はお客さまの声を商品に生かします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました