【麦とホップ ダブルビター*レビュー】ビターな麦とホップ。うーん、ビター。

サッポロ


このブログでは安いビールや発泡酒を中心としたお酒の情報・レビューをお伝えします。


こんにちは。
苦い思い出は忘れるようにしている
美味なめたけです。

今回は麦とホップのビターな新商品をご紹介します。

 

こういう期間限定感のある商品は当たり外れがありますね。
でも『麦とホップ』は、こういた商品でも味がしっかりしているイメージがあります。

そんな麦とホップさん。
今回出したのが、『麦とホップ DoubleBitter』です。

直訳すると『2倍ニガ』でしょうか。
苦い系の商品はそんなに好まない私ですが、
こちらはどうなのでしょう。

いざ!

 

 



 

【麦とホップ ダブルビター】とは!

 

先ほども触れましたが、ビター系のビールはそんなに得意ではありません。
でも、麦とホップはもしかしたら好きなのかもです。
例えば…

これはニガでした。
でも、美味しくいただきました。

こんなこと言ってはいけないのかもしれませんが、
下手なクラフトビールよりもモゴモゴモゴ…

 

公式HPにはこのようなことが書いてあります。

 

苦味に特化したビターホップ2種類(一部使用)を厳選し、さらにアルコール度数を6%にすることで、しっかりとした飲みごたえを実現しました。

引用:SAPPORO公式HP

 

シンプルな解説。


てっきり、普段の倍のホップを使ってるのかと思っていたら、
どうやら2種類のホップを使ってるから

『ダブルビター』

と言うみたいですね。

 

 

 

【麦とホップ ダブルビター】といえば!

 

ビターなビールって、実際のところ皆さんは好んで飲まれるのでしょうか。

あんまり周りで、
「ビールに苦みが足りねえ!」
みたいな意見を聞かないんですよね。

しかし愛好者もいらっしゃるはずなので、
私がここでレビューした中の、
苦かった1位2位を発表しましょう。
※スタウトは除く

ちょっと記憶喪失で、どっちのほうが苦かったかは覚えてないのですが…

両方ともすごく苦かったですねー。

そして、両方ともわりと安くないという事実に直面しています。

ともかく、寒い時期には、
芳醇・濃厚・苦味
このあたりの新商品が多く出てくるようです。

 

 

 

【実飲!】


それでは、実際に飲んでみましょう。

 

はい。
ちょっとこぼしてますね。

泡が静まってから残りを注ぐと……

あー多少こぼれてますが!
でも、美味しそうに注げました。

残りを注ぎますと。

はい、モコモコできました!

それでは飲んでみます。

 

実印中。。。。。

 

はい。
確かにビターな飲み口。
しかしそこは麦とホップ、嫌味を感じません。

パッケージが爽やかであることも関係しているのでしょうか。

ビター系はなかなかリピートしないのですが、
こちらは現時点で2回買っています!!

 

誉め言葉になっていないかもしれませんが、
ともかく、ビター過ぎないこのbランス感覚が、安ビールぽくて愛着がわきます。
相変わらず、ビール会社さんの企業努力はすごいですね。

 

★成分表
・原材料:発泡酒(麦芽、ホップ、大麦)、スピリッツ(大麦)
・製造国:国産
・内容量:350ml
・アルコール度数:6%
・糖度(管理人調べ):5
・エネルギー:51kcal(100ml当たり)




 

【まとめ!】

 

はい。
麦とホップの新作『ダブルビター』をご紹介しました。

これ系の発泡酒は、結局消えてしまう(毎年復活するかも)ものですが、
それをその季節ごとに楽しむのが楽しみでもあります。

皆様も、普段のルーティン安酒に飽きたときは、
こちら『麦とホップ ダブルビター』のようなパンチのある新商品を買ってみてはいかがでしょうか?

それでは!

コメント

タイトルとURLをコピーしました