【KONA BIGWAVE*レビュー】コナビール!安くないビールでした。

ビール

1
このブログではオススメの安いビール、発泡酒を中心としたお酒の情報・レビューをお伝えしています。

こんにちは。
夏の似合わない男、
美味なめたけです。

みてください。
BIGWAVE!

そして

KONA!

まさにハワイですね。

今回は、
全然安くないビールを買いました。
どこで?

「成城石井で!」

成城石井と言えば
四年制大学を出ていないと入っちゃいけないスーパーです。

私はその辺怪しい経歴なのですが、
コロナ禍に乗じて侵入してきました。

今回はそんな、
ハワイアンなビール。

KONAビール。
『BIG WAVE(ビッグウェーブ)』
をご紹介いたします!

①『BIG WAVE(ビッグウェーブ)』とは!

KONAブルーイングの
『BIG WAVE(ビッグウェーブ)』
どのような商品なのでしょうか?

「KONA」と言えば、
『KONA Coffee』が有名ですよね。
『KONA Coffee』は、ハワイで採れるコーヒーの総称。

一方、
『KONAビール』と言ったら、
『KONAブリュワリー』という会社が販売しているビールです。

「KONA」という単語の意味は、
当然「粉」ではありません!
調べたら複数の意味が出てきましたが、
今回のお話では地名の意味合いが強いと思います。

そんな(どんな?)『KONAブリュワリー』は、
アメリカ合衆国ハワイ州のコナ地区に会社がありまして…

KONA BREWING CO.がハワイ島で初めてクラフトビール醸造所として根を下ろしたのが1994年。1995年に想いをこめて2種類のエールビールを、1998年にはラガースタイルのビールが誕生しました。Bigwave,Longboard,Firerock・・・この3種類のビールはレシピを少しずつ変えながら、創業当初から現在に至るまで看板ビールとして地元ハワイのロコに愛され続けています。

公式HP

意外に最近の創業ですが、
地元ハワイのロコに愛され続けている、
『BIG WAVE(ビッグウェーブ)』の実力は本物でしょう。

【ハワイの豆知識】

ハワイ(の都市部)はとても物価家賃が高いので、
意外に働き者が住んでいることが多いぞ。

②『BIG WAVE(ビッグウェーブ)』と言えば!

CMなどは見当たりませんでしたので、
こちらの映像でお楽しみください。

ハワイと言えばサーフィン。
サーフィンと言えば、ビッグウェーブ

私はサーフィンに疎いので
10分間の鑑賞はなかなか厳しい感じですが、
お好きな方はぜひ映像を見ながらビールをお楽しみ下さい。

③『実飲!』

さあ、サーフィンを見ながら
『BIG WAVE(ビッグウェーブ)』
飲みましょうね。

まずは注いで行きます。

8

あんまりアワアワしてないですね。

unnamed

このような仕上がり。

「オリオンちゅらたいむ」がそうでしたが、
南国系は粘っこい泡を嫌うのかもしれません。

――お味は(実飲中…)

非常にフルーティーで、
飲みやすさがハンパなし!
香り豊か。
麦とホップだけのお酒とは思えません。
ホップがフルーツなんだと教えてくれるビールだと思います。(良いこと言った)
のどごしも良く、
炭酸は強くはありませんが、
細かな刺激が心地良くあります。
美味しいです。

美味しい。
お墨付き!
原材料:麦、ホップ
原産国:アメリカ
内容量:355ml
アルコール度数:4.5
糖度:4.5(私調べ)

2

ハワイの地形も分かりますよ☆

④『まとめ!』

図2

安くないんですけど、
美味しいビールでしたね。

とても飲みやすく、
女性にも好まれるビールだと思います。

パッケージも明るい気分になりますし、
アルコールもキツすぎないので、
バーベキューに持って行ったら最高なんじゃないでしょうか!

そんな

『BIG WAVE(ビッグウェーブ)』

成城石井で(じゃなくても)
見かけたら是非是非飲んでみてください。

それではまた*

参考:

コメント

タイトルとURLをコピーしました