【FUJIZAKURA ビール*レビュー】えっ!?これがまさかのピルスだなんて…。

ビール

このブログではオススメの安いビール、発泡酒を中心としたお酒の情報・レビューをお伝えしています。

こんにちは*
大和魂を抱きしおじさん、美味なめたけです。

もう安酒なんて飲んでられませんわ。

そんなご時世ですので、
今回はプレゼントしてもらった高めのお酒を
レビューしてまいります。

その名も…

『FUJIZAKURA』

日本人なら飲まないとダメなビールですよね?

富士・桜
ですよ。

寿司を食べながら、
芸者とサシ飲みしないとダメですよね?

ちなみに、
缶に堂々と記されている。
《EXTREME PILSNER(エクストリーム ピルスナー)》
の文字が気になります。

ということで、
「世界が認めたクラフトビール」

『FUJIZAKURA』

をご紹介いたします。

 

 

 

 

 

 

①『FUJIZAKURA』とは!

 

知る人ぞ知る
『富士桜高原麦酒』

まあ、私は知りませんでしたが、
調べると日本クラフトビール界の雄
という存在の会社です。

“世界が認めた”
と仰っているので、
世界が認めているビール会社なんだと思います!

クラフトビールは、ビール党にとしては知っておきたい知識。
私がパッと思い浮かぶのは、
『鎌倉ビール』ですね。
もろに出身地を反映しています。

 

この「クラフトビール」というジャンル。
ひとつ、難儀な点があります。
それは、

「ラベルは可愛いのに中身は通好み」

と言う点です。

ビール初心者が手を出すと、
にがー!ってなる物が多いんですよね。

さて、この『FUJIZAKURA』はどうなのでしょうか…。

 

 

 

②『FUJIZAKURA』と言えば!

本商品のCMというよりはメーカーのCMかもしれませんが、
『FUJIZAKURA』のCMはあります。

しかしYouTubeの公式アカウントは1年前に4件上がっているだけで、
それ以降の更新はなさそうです。

そんなアカウントで見つけた、
意外にもファンキーなCMがこちら。

クラブ系のビールだったんですね!

言われればデザインも今風でカッコいい。
若者がターゲットの缶ビールでした。

 

 

 

③『実飲!』

こだわりの強そうな『FUJIZAKURA』
ワクワクの試飲と参りましょう。

まずはコップに注いで行きます。

4

凄い泡!
泡自体が茶色がかって見えます。

ピルスナービールでこんなオーラを放っている物は稀だと思います。

5

モリモリモコモコの泡です。
照りがあって、見るからに美味しそう…。

泡メインの画像がコチラ。

6

泡が全然沈まない…。

実際に飲んで見ましょう。
(実飲中……)

うーん。
とってもフルーティーな香り。
苦味もバツグン!
あー苦い!!

苦い!

これがピルスナーとは思えません。
全然思えません!

 

つまり、これこそが、
《エクストリーム ピルスナー》
という奴なのでしょう。

例えば「よなよなエール」が有名な
『ヤッホーブルーイング』
そのラインナップ。
「インドの青鬼」の横にあっても違和感ない。
そんなビールでした。

 

なので、ゴクゴク一気飲みという感じではないです。
CM動画のように、
若者を意識したビールとは思えません…。

ビール通のおじさんが重宝する、
「飲み飽きない味」
ですね。

原材料:麦芽(イギリス産)・ホップ・
原産国:国産
内容量:350ml
アルコール度数:6.5%
糖度:9(私調べ)

3

 

 

 

④『まとめ!』

図1

久々に安くないお酒でした。

安酒党としては、普段は絶対的に発泡酒を飲んでしまいますが、
たまにはこう言ったガツン系のビールを飲んで、

「自分は普段安い酒を飲んでいるんだぞ!」

というのを自覚した方が良いのかもしれません。

『FUJIZAKURA』

そんな皆様にもピッタリな、
ニガニガビールでした。

それでは!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました