【エッティンガ―(OeTTINGER)*レビュー】コスパ最高★最も手軽なドイツビール!!

その他

このブログではオススメの安いビール、発泡酒を中心としたお酒の情報・レビューをお伝えしています。

こんにちは*

今回は、どうにも気になるドイツビール
エッティンガー(OeTTINGER)』
をご紹介します。

発音的には、
「エッティンガ―」と
「オッティンガー」の中間くらい(らしい)

缶の感じからして好きです。
この、気取ってない感じ。
どうしても流行のデザインと言う物がありますので、
こういうシンプルで味のある缶をみると、

「逆に美味しいのかも」

と思えてきます。

ところで、
このお酒は『やまや』さんで見かけます。
信頼の『やまや』
池袋には西口にも東口にもあり、
私は良く利用しています。

そんな『やまや』
エッティンガ―。

飲みました!

 

①『エッティンガー』とは!

 

「OeTTINGER」

と検索してトップに出て来るのはこちらのサイトです。

ドイツ車のチューニングメーカーです。
*「チューニングメーカー」が何なのかは割愛します。


『エッティンガー(OeTTINGER)』は「ドイツビール」です。
よくある、「ドイツ風」じゃなくて、
本当にドイツのビールです。

本当にドイツのビールですが、
様々な国に輸出していることが、缶に記されています。

日本語・ハングル・そして中国語でも書かれていました。
エリアで一括生産しているのでしょうね。

生産・流通のコストをカットして、世界中で愛されているのだと思います。

②『エッティンガー』と言えば!

エッティンガー(OeTTINGER)』が安いのは、
広告を打っていないからという話があります。

実際探してみましたが、
ホームページ以外は見つからなかったですね…。

ドイツの公共放送(英訳)の動画は見つかりました。

英語力が無いので良く分かりませんでしたが、

「300年近く歴史があるし、ホップとかにもこだわってるぜ」

というような印象を受けました。

黄色い『エッティンガー(OeTTINGER)』は「weissbier」
つまり「白ビール」と呼ばれる種類です。
「小麦ビール」とも言われたりします。

普段発泡酒ばかりの[美味なめたけ]には、
麦の種類による違いが分かりませんが、
「美味しいビール」です。

③『実飲!』

では飲んで見ましょう。

3

えー!
なんかちがう!

いつもの安ビールと違う!

何が違うのか分からない!

そして残りを注ぎますと、

5

えー!
なんかちがう!

写真がボケてる!

7

この色。この角刈り感が堪りません。
本当にこの価格帯(100円台)ではなかなか見ないビールです。

お味は……(実飲中)

泡!
このきめ細かな泡が凄い!

しっかりした香りと味わい。
ビールなので当然、オレンジピールなどは入っていません。
麦芽とホップだけなのですが、
どことなくフルーティーな味わい。

味わったことの無いテイストです。
本当に。

苦味はほとんど無し。
苦いのがビールだなんて思っていたのは勘違いですね…。

そして、
「香りが凄い!」

香ばしくて、ずっと嗅いでいたいですね。
うーん…
美味しい。

しかしクセはあります。
クセの無い発泡酒を飲み慣れていると、一瞬戸惑います。

ビール飲み慣れていないかたは、
「なんじゃこりゃ」
になりかねませんので、
お気を付け下さい。

原材料:麦芽・ホップ
原産国:ドイツ
内容量:330ml
アルコール度数:4~5%
糖度:7(私調べ)

④『まとめ!』

図1

コスパ最強のドイツビール、
エッティンガー(OeTTINGER)』

200円以内の缶ビールで、
本場ドイツの雰囲気をモロに感じることが出来ます。

『やまや』が「まいばす」くらい乱立してくれれば、
週1は絶対に買いに行ってしまいます。

みなさまも、
この黄色い缶にピンときたら、
ぜひ買ってみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました