【サッポロ『焙煎』*レビュー】⇒焙煎飲んだらまた焙煎!

サッポロ

このブログではオススメの安いビール、発泡酒を中心としたお酒の情報・レビューをお伝えしています。

こんにちは*

もうそろそろ冬ビールが出だす頃ですよね。

本当に、あと何度か
「季節もののビールが出たなー」とか思っている内に
寿命で死んでしまいそうです。

皆様

もう“ワンシーズン”ビールを飲むために
お酒はほどほどにしておきましょうね。
(と人に言えるような生活はしていない…)

今回は気になっていた『秋ビール』

去年も出てたんですかね?

記憶にありませんが、

サッポロ

『焙煎』

感想をお伝えいたします。

①サッポロ『焙煎』とは!

さっきまでは知らなかったのですが、

サッポロ『焙煎』は、
90年代に一度販売され、

復刻のような形でまた、
2018年から販売され始めたそうです。

「復刻ってことは、一度失敗したってことでしょう?」

なんて思う人もいるかもしれませんが、
まあ、
良い物が残るとは限らないですからね。

ちなみに『焙煎』というのは、
麦芽を焙煎して深みを出す製法のことですね(←日本1簡単な解説)

「焙煎」することで、
オレンジ黒ビールへと
ビール(発泡酒)は変化して行くんですね。

②サッポロ『焙煎』といえば!

さて、

『焙煎』自体を良く知らない年代の方も居ると思いますが、

実はこの『焙煎』は、
凄い名作を後世に残してくれました。

それがコチラです。

織田裕二さんの代表作、
『焙煎のCM』です!!

このCMは、
当時子供だった私の脳裏にもクッキリと刻まれています。

当時から「何かを応援する」ことには、

なんとも一生懸命な織田裕二さんなのでした。

③『実飲!』

では、秋ビール(発泡酒)のレビューを行ってまいりましょう。

秋ビールは色の違いが明確で、
写真の撮り甲斐もあるってもんですよね。

3

秋色(飴色)の、
ザ・秋ビールって感じですね。

飲みごたえを重視する派の味方です。

4

上から見た泡。

泡が落ち着いたら
残りを注ぎます。

5

うはー!

こぼれました!

しかし、
調子に乗って注ぎ過ぎてしまうくらいに
粘りのあるしっかりとした泡です。

味は……

「あ…秋ビールの極みや!!」

香りが良く、爽やかな炭酸。

苦みを感じるけど
えぐみを残さないギリギリのライン。

秋ビール白帯の私にとっては
とても極上なビールです。

原材料:麦芽、ホップ、米、コーン、スターチ
原産国:国産
内容量:350ml
アルコール度数:6%
糖度:7(私調べ)

2

重厚で飲みやすい。

通年販売希望の商品でした。

④『まとめ!』

掃除機、一昔前まで、
秋ビールは「クセばかり強い」印象があり、
あまり好きではなかったのですが、

今年はとても当たりが多いです。

その理由は多分

・今年は高めのやつも飲んでいる
・秋発泡酒の品質が上がった
・自分の味覚が変わった

のどれか、
もしくは全部なのだと思います。

『焙煎』は、
私が無い金を惜しまずにリピートした、
中価格帯の缶ビールです。

大変美味しゅうございましたので、
皆様も是非。

参考:

コメント

タイトルとURLをコピーしました