【金麦&金麦ゴールド・ラガー*レビュー】⇒こんなにも差が…!*

1
a
このブログではオススメの安いビール、発泡酒を中心としたお酒の情報・レビューをお伝えしています。

今回はサントリーの発泡酒の代表。

『金麦』
『金麦 ゴールド・ラガー』

をご紹介致します。

早くもあまり目にしない
『ゴールド・ラガー』ですが、
実は長生きしそうなポテンシャルがあります。

オリジナル金麦と比較してみました。


①『金麦青とゴールド・ラガー』

『金麦』
は、言わすと知れたサントリーの発泡酒です。
青い缶でおなじみ。

その金麦の
『ちょっと頑張った版』
が、
『金麦 ゴールド・ラガー』
です。

金麦は、
6

とにかく水にこだわった発泡酒らしいです。

その上で
『ゴールドラガー』は、
「二段仕込み」
という要素プラスしています。

②『金麦といえば!』

金麦のCMも数パターンありますけど、
やっぱりこの人ですよね

「大人」
「爽やか」
「美人」

発泡酒のイメージにピッタリの檀れいさん。

檀れいさんのCMが、
金麦の売り上げを支えたと言っても過言じゃないのかも。

多分。

一方その頃、
金麦ゴールド・ラガーのCMはというと…

あまり見覚えが無いですね!

しかし、売り上げ自体は好調の様子です。
良いことです。

③『実飲!』

それでは、
いよいよ飲み比べです。
先ずは『青の金麦』から
2

けっこう粗い泡。

3

薄毛感。

残りを注ぐと…

4

うん。良い感じですね。

しかし、泡の引きが早いです。

味は、軽すぎるほどの軽さ。
あっという間に2缶3缶と飲めてしまいそうな感じ。

コクや苦味も無いことは無いですが、
ほぼ無きに等しいです。

続いて、
『ゴールド・ラガー』
b

えー! 泡全然違う!
並べてみましょう。

2b
    青          

入れ方が違った説もありますが、
確かに泡の量と強度が違います。

残りを注ぐと、

c

こんなんです。

色も、若干濃いめですね。

それでもって、お味なんですが、
上手くは言えませんが、
オリジナルよりも強めの味。

泡も炭酸も、少しずつ強くなっている感じです。
飲みごたえは確実に、
こちら『ゴールド・ラガー』の方があるでしょう。

しかし、「金麦の味」も残っていますね。

【成分表】
『金麦』

原材料:発泡酒(麦芽・ホップ・糖類)、スピリッツ(小麦)
原産国:国産
内容量:350ml
アルコール度数:5%
糖度:5(私調べ)
【成分表】
『金麦 ゴールドラガー』

原材料:発泡酒(麦芽・ホップ・糖類)、スピリッツ(小麦)
原産国:国産
内容量:350ml
アルコール度数:6%
糖度:5(私調べ)

ゴールド・ラガーの方がアルコール度数が高いですね。

④『まとめ!』

個人的には俄然、
『ゴールド・ラガー』
をオススメしますが、

ライトなのが好きな方、
ビール初心者は、
『青の金麦』
の方が合うのではないでしょうか。

ゴールド・ラガーのほうも、
CM頑張ってほしいですね。

それではまた☆

参考:

コメント

タイトルとURLをコピーしました