【麦とホップ黒★レビュー】⇒新ラベルだよ!

1
このブログではオススメの安いビール、発泡酒を中心としたお酒の情報・レビューをお伝えしています。

こんにちは*

今回は麦とホップの『黒』をご紹介します。

今日お店に行ったら新しいラベルのが出てたんで、

「買うっきゃないっしょ」

と思い購入しました。

黒ビールは敬遠する人も多いですが、
発泡酒だからこそ
スタウトが苦手な方でも飲める可能性があります。

特に、

麦とホップは中々ハズレなしのブランド。

『麦とホップ黒』

レビューしていきます!


①『麦とホップ黒』ってどんなん?

黒ビールとやらは、

「麦を焙煎して黒くなったやつを使ったビール」

らしいです。
なるほど。

で、この『麦とホップ黒』では、

深いコクを付与する黒麦芽を一部使用。さらに、じっくりと時間をかけて熟成することで、深みあるロースト香と凝縮されたうまみを実現しました。 麦と、ホップだけでつくった、黒ビールさながらの飲みごたえをお楽しみください。

引用:サッポロ公式

「一部使用」
「実現」
「さながらの」

あたりを見ると、
“黒ビールに寄せてますよ感”
が見え隠れしていますね。

でも、寄っていれば良いんです。

②『麦とホップ黒』の変化!

『麦とホップ黒』は、
意外に歴史が長いんですよね。

なので、
ラベルチェンジも何度か繰り返しています。

こんな感じ。
b
   
c
   
a

(順番間違ってたらごめんなさい)

そして現在の形に成ります。

高級感というか…
徐々にシンプルで重厚なデザインになっています。

そんな麦とホップ黒のCMは、

本家オリジナル(金)と抱き合わせでした。。

今後「黒」が脚光を浴びる日は来るのでしょうか?

③『実飲!』

では、そんな黒を飲んでみましょう。

注ぐと、
3

もっこもこ
です。
あわあわですね。
良い感じ。

しばらくすると…

4

沈んできました。

5

こんな感じ。

それでもって残りを注ぎますと、

6

はい、出来ましたー

やっぱり黒ビール(発泡酒)は、
泡とのコントラストが綺麗ですよね。

しかし、泡は細かくて良く盛り上がるものの、
意外に引くのも早い印象。

味はと言うと、
コクがあり、黒独特の風味。
それにまろやかな苦みがあります。

【成分表】
原材料:発泡酒(麦芽、ホップ、大麦)、スピリッツ(大麦)
原産国:国産
内容量:350ml
アルコール度数:5%
糖度:11(私調べ)

8

糖度、糖質の含有量共に高いですね。
大した量ではありませんが、飲み過ぎには気を付けましょう。

食後、しっぽり飲むのに良いビールだと思います。

④『まとめ!』

発泡酒界があまり手を出さないジャンル。
手を出しても長続きしないのが、

『黒ビール』

のジャンルです。

10年近く安定して販売を続けている
黒発泡酒は、

『麦とホップ黒』

だけじゃないでしょうか?

その完成度を体感してみてください。

参考:

コメント

タイトルとURLをコピーしました