【麦とホップ★レビュー】⇒きみにホの字の真面目系缶ビール

1
このブログではオススメの安いビール、発泡酒を中心としたお酒の情報・レビューをお伝えしています。

こんにちは*

ビールのブログをやっていながら、
実はまだビールと発泡酒の正確な定義が分かっていない私。

「麦とホップだけで作って、なんで発泡酒やねん」

みたいな。

とても無知ですね。

なので今回は、
その謎も少し解明して行きたいと思います。


①『麦とホップ』なのになんで発泡酒?

ビールを作る上で必要な材料が、

そして

ホップ

この発泡酒は、
『麦とホップ』
と命名されていますから、

「あれ?
 ビールなんじゃない?」

そんな勘違いも仕方ありませんよね(過去の自分をフォロー)。

しかし麦にも色々ありまして……

何となくの正解は
下の方にピンク色で書いてあります。

②『麦とホップ』と言えば!

謎のクイズ形式をとってみた後は、

信憑性のある情報を取り扱って行きましょう!

信憑性と言えばこの人

やはり田村正和さんです。
ハンマーカンマ―で有名ですよね。

CTdRpRnU8AAOHpX

・CMに大物を持って来た
・缶を何段にも積む

この演出は

“並々ならぬ自信”

の表れに違いありません!

田村さんも本当は、
「本格生ビールを飲む紳士」
だと思われたいハズなんです。

大御所ですからね。

これは、
サッポロと田村正和さん。

双方の覚悟がユニゾンしたために完成した
麦とホップのピラミッドだったのです!

では、
それだけの覚悟を、
実飲にて確認しましょう。

③『実飲!』

それでは「麦とホップ」を飲んで行きます。

どどーんと注ぎますと
2

結構泡感のある印象。

黄金色が缶の色とシンクロして良い感じですよね。

4

1分後。

泡は粘り強いですね。
強泡。

そして、残りを注ぎます

5

ピラミッドのような美しい黄金比

「泡4.5 」:「ビール 6.5」

の完成です!

泡が立っていますね。

味はしっかりした印象。
麦の香りに、後引く苦味。
『発泡酒界の優等生』
と言って良いのではないでしょうか。

原材料:麦芽・ホップ・大麦・スピリッツ(大麦)
原産国:国産
内容量:350ml
アルコール度数:5%
糖度:5(私調べ)

6

ところで、

「ビールと発泡酒の違いってなあに?」

のコーナーですが、

ズバリ
『麦芽の割合』っぽいですね。

コーヒーが何割入ってたらコーヒーを名乗れる。
乳酸菌がどれだけ入ってたら乳酸菌飲料を名乗れる。

それと同じように、
麦芽の割合が50%以上だとビールと成り得るそうな。

「麦芽、麦、大麦。全部麦だけど、ビールは麦芽だけね」

そう言うことらしいです。

以上、不確かな豆知識でした。

④『まとめ』


麦とホップ

サッポロさんが本気で取り組んだ(個人の見解)商品だけあって、
様々な亜種も販売され
長年愛されています。

ビールは無いけど、
近い味でしっとりと飲みたい。

そんな夜には、

サッポロ『麦とホップ』


最高の一口目を
ご賞味ください。

参考:

コメント

タイトルとURLをコピーしました